アヒル口になりたい人のためのトレーニング!唇ストレッチ

口角がキュッと上がったアヒル口になるには、ボイストレーニングの一環として行われるリップロールというトレーニングが有効です。

 

年齢や性別にかかわらず、口角がキュッと上がっていると若々しくて、表情も素敵です。

 

憧れのアヒル口のための唇ストレッチ

リップロールのやり方は、軽く口を閉じて鼻から息を吸い、唇を少し突き出すようなかんじで、くちびるの間から息を出してブルブルと振動させます。

 

できる人は最初から容易にできますが、できない人はなかなかうまくいかないトレーニング法で、かなり個人差が大きい動きと言えます。
練習を繰り返し行なうと、何秒かの短い時間ですが、ブルブルと震わせることができるようになってきます。
とにかく、めげることなく続けていると30秒くらいのブルブルができ、リップロールらしくなります。
苦手な場合は、口角を指で抑えて、唇をやや引っ張りながら息を出すと唇を震わせやすくなります。
継続しているうちに、いつもほほえんでいるような口もとのアヒル口と、自然で柔和な表情が手に入ります。

 

ほうれい線をなかったことにするマッサージ

ほうれい線は、線と言っても厳密には、たるみが要因となってできています。頬の表情筋の衰えや、使わない頬の筋肉がかたくなり、リンパの流れが滞ることでできやすくなります。かたくなった頬の筋肉をもみほぐすことを心がけるのが、ほうれい線撃退への近道です。
まず、人差し指の第二関節を使って、小鼻の横からほお骨に沿って、イタ気持ちいい部分をもみほぐすように、少しずつ耳の横まで押します。
この時、下から筋肉を押し上げるように押すのがポイントです。
次に、小鼻の横のくぼみ、「迎合」というツボを中指の腹で、やさしくゆっくりとツボ押しします。
顔のコリをほぐすと血行もよくなり、ほうれい線予防だけでなく、肌ツヤアップも期待できます。