化粧水はハンドプレスで効果が増大!目元にはフィンガープレスも

化粧水は、つけたあとにハンドプレスをするとその美容効果が増します。目元にはフィンガープレスをほどこして、やさしくいたわるように肌をケアします。

 

スキンケアをあわただしく行なうよりも、じっくりと手をかけて丁寧にする方が、お肌の状態をきれいに若々しく保つことができます。スキンケアを日々の習慣にして、手をかけた分、お肌はそれにこたえてくれます。

 

決して高価な化粧品を使っているわけではないのに、実年齢よりはるかに若く見える人は、日々スキンケアに時間をかけて、お肌をいたわっています。

 

化粧水をつけるときには、手のひらに適量をとったあと温めてから、肌に押し込むようにゆっくりとハンドプレスします。首やデコルテにも同じようにつけます。
忙しくて時間がないと、ついササッと済ませがちになるところを、一呼吸おいてゆっくりと深呼吸をしながら、ハンドプレスをします。美容成分が肌に浸透するところをイメージしながら、ゆっくりと手のひらで顔を包み込みます。
ハンドプレスを継続して行なうことで、お肌もいきいきとしてきます。

 

目元は、中指と薬指の腹でやさしくフィンガープレスします。目のまわりの皮膚は、特に薄くてデリケートなので強く押さないように、ちから加減に充分気をつけながらプッシュします。

 

化粧水に、ローズヒップオイルを数滴プレンドすると、肌への浸透力がアップし、お気に入りのオイルを加えて、香りを楽しむことでリラクゼーション効果も期待できます。