マヌカハニーの美容効果!塗ってもし、食べてよしのマルチな効能

マヌカハニーは、ニュージーランドに生息するマヌカの木から採れるハチミツで、他の花や木から採れるハチミツに比べて、殺菌や抗菌作用に優れた効果があります。喉が痛い時に舐めると、その効果はすぐにわかります。

 

マヌカはちみつは、普通のはちみつ同様に食べても美味しいですし、唇の荒れや肌荒れに塗ると肌の炎症がおさまったりもする、美容効果もあるマルチなハチミツです。

 

日本で人気になって広く知られるようになったのは、ピロリ菌の除菌効果が期待できると話題になったのがはじまりです。胃の不具合に良いということで、絶大な人気なのがマヌカハニーです。
ピロリ菌のほかに、虫歯や口内炎、風邪の予防、整腸作用、やけどや切り傷、肌の保護や再生にも効果のあるハチミツです。

 

一般的にハチミツには、保湿効果や疲労回復効果、抗菌効果があるのですが、その効果が非常に高いのがマヌカの木から採れる、マヌカハニーなんですね。
肌に直接塗ったり、化粧水に少量を混ぜたり、お茶などの飲み物に入れて溶かして飲んだり、いろんな方法で体に摂り入れることができます。

 

毎日、小さじ1杯のマヌカハニーを舐めることで、抵抗力や体力がつき、寒い季節も風邪に負けることなく元気に過ごせたりします。個人差はありますが、肌荒れやアトピーが改善したり、口内炎が治まったりするとも言われています。

 

マヌカハニーの天然の活性成分が有効に働くように、金属ではなくて木のスプーンの使用をすすめるはちみつ屋さんもいます。海外では病院でその効果が認められ、治療に使用されたりもしています。
体調がよくなることで、肌ツヤも改善する、健康にも美容にもうれしいハチミチです。